プロミスで即日融資を受けるには

gatag-00012662
プロミスで借入の契約申込をする場合、即日融資を受けられるようにするための手続きも可能です。プロミスをはじめとしてすべての金融機関から融資を受けるためには必ず審査を受ける必要があります。審査にかかる時間はそれぞれの金融会社で違いますが、すぐに審査の結果が出るところを選ぶことで、申込をしたその日に借入をすることが出来ます。
プロミスで契約申込をすると審査にかかる時間はどれくらいなのでしょうか。審査はスピーディーに行われ最短で30分で審査の回答が得られます。申込手続きなどを踏まえれば最短でおよそ1時間くらいで、借入の申込手続きが完了することになります。
即日融資の手続きを行うには平日の指定時間内や銀行の営業日が有利ですが、プロミスの場合は夕方の時間帯に申込手続きを行ってもその日のうちに借入をすることが可能です。また土日や祝日であっても対応可能時間であれば即日融資の手続きをすることが出来ます。
借入をしたい日が土日祝日であり、会社が休みだった場合、通常の借入の審査時に行われる勤務先への在籍確認の電話連絡が出来ないことになりますが、勤務先への在籍が証明出来る書類を提出するなど、他の方法で対応も出来るので会社が休みの日であっても、即日融資の手続きをすることが出来ます。
土日祝日の申込であっても、プロミスなら振込も可能となっています。他の消費者金融のキャッシングとは異なり、独自の素早い振込のサービスである「瞬フリ」というものがあり、契約申込時に三井住友銀行かジャパネット銀行の口座を持っていれば、24時間いつ申込をしても最短10秒で口座に振り込みが行われ、スピーディーな借入が出来ます。
瞬フリについては、ウェブ上で審査を受けてプロミスのサイト内の会員登録をしていれば、口座登録をすることで夕方の時間帯や土日祝日でもサービスを受けることが出来ます。サイト内の口座登録は22時まで受付が可能となっているので、夜間に借入がしたい場合ならまずは22時までにサイト内で口座登録を済ませておく必要があります。
プロミスでの即日融資は金利が低いのと、初回30日無利息サービスもあるので、低金利で借入の利用が出来ます。初回30日無利息サービスが適用されるためには、プロミスのサイト内でメールアドレスを登録することと、web明細の利用の登録をする必要があります。サイトへのアクセスはスマートフォンなどの携帯電話からも出来るので外出先からでも手続きが出来ます。

プロミスの審査基準はどうなっているのか

YK0I9A6202_TP_V
プロミスの審査基準ですが、もちろん詳細は非公開ですが、おおよそのところは以下のようになっています。
これらは申し込み時に記載する内容もありますし、申し込み後にプロミスが審査する過程で分かる事項もあります。
まずは絶対的な審査基準です。これらの基準を満たしていないと、他の内容がどんなに良くても審査には通りません。その一つは年齢です。20歳以上69歳以下でなければなりません。次に年収や雇用形態です。年収が少ないからといって一切通らない、雇用形態がアルバイトやパートだからといって一切通らないということはありませんが、年収が0円の人、つまり無職の人は絶対に審査には通りません。もう一つ、絶対的な審査基準として、他社からの借り入れ状況というものがあります。年収の1/3を超えている人も絶対に審査には通りません。これらはプロミスだけではなく、他の消費者金融であっても同じです。ですから、これらを満たしていない人は消費者金融からの融資を受けることはできないということになります。
これらの絶対的な基準の他、プロミスでは次のような相対的な審査基準があると考えられます。そして、おそらくは各項目を点数化して、その合計点数で融資の可否や融資限度額を決めていると思われます。
まずは年収です。もちろん高ければ高いほど良いということになります。雇用形態や勤務先の規模についても重要な要素です。公務員や大手企業の正社員が最も有利で、中堅、中小企業の正社員、派遣社員、アルバイトやパートの順に低くなります。これらはどちらかというと収入そのもの、お金をどれだけ稼いでいるのかということですが、審査基準としてはそれだけではありません。いくらお金を稼いでいそうな人でも、本当に返してもらえそうなのかどうか、つまりその人の信用力も重要な要素だからです。
そのためには、まずは過去の金融事故を調査します。過去に借りたお金を期日どおりに返さなかったことがないかどうかです。そのほかには、家族構成や持ち家の有無も大事な要素です。家族と同居しているような人は、家族を巻き込むのを嫌がりますから、多少無理をしてでも返済してくれる可能性が高いと考えています。持ち家についても似たようなもので、借家住まいの人よりは持ち家の人のほうが信用力があります。
このように、プロミスではその人を様々な角度から眺めて審査を行い、貸したお金を返してもらえそうかどうかを判断しているわけです。
もっと詳しく審査基準について書かれているサイト:プロミスを徹底検証!特徴・審査・金利などを比較!

インターネットが簡単!来店不要でプロミスを使う

AKANE20160312012313_TP_V
キャッシングを利用するのに店舗まで向かうのが面倒であれば、来店不要のプロミスでキャッシングしましょう。
自宅で今すぐに申し込みを済ませたいなら、インターネットからの申し込みが一番行いやすくなっています。インターネットの申し込みを希望する際は、パソコンやスマートフォン、携帯電話から可能です。
パソコンやスマートフォン、携帯電話でプロミスの公式サイトに向かってください。トップページに新規お申込みのボタンが用意されていますので、そこをクリックやタップするなどして、申し込み用のフォームを開き、必要事項を入力していきます。
インターネット上で行いますので、営業時間を気にする必要がありません。公式サイトのメンテナンスが行われない限り、原則として24時間365日申し込みができる体制になっています。
プロミスの申し込み用のフォームは、2種類から選択できます。簡易的な入力で済ませる手段を選ぶと、面倒な入力が少なくなるメリットがあります。残りの申し込みに必要な項目については、プロミス側から電話連絡の際に質問に答える形で行われます。
もう一つのやり方は、全ての項目に入力するというものです。項目の数が多いため入力に時間がかかりますが、代わりにその後の電話連絡が短縮したり省かれる場合があるため、電話連絡の手間を減らしたい人におすすめの方法です。
審査結果は電話かメールで連絡してくれます。無事に審査に通過したら、返済方法を決定します。インターネットでこのまま手続きを完了するか、来店で続行するかの選択を迫られます。来店不要で済ませるならば、インターネット手続きのまま完了する方を選択しましょう。
インターネットのみの場合は本人確認書類をスキャナやカメラで撮影し、画像ファイルに加工して送信する必要があります。スマートフォンであれば、専用アプリで簡単に送信できる手段が利用可能です。
来店不要の申し込み方法だと、通常のカードローンとカードレスのWEB完結の2種類から選べます。カードローンを使いたいなら、後日自宅まで専用カードを送ってくれますので受け取りましょう。カードがあればATMからもお金を借りられます。
カードレスのWEB完結ならば、カードが送られてきません。会員ページにログインして、借り入れの手続きを行えば、指定した自分自身の金融機関口座あてにプロミスからお金が振り込まれます。ATMを使う機会がなければ、WEB完結だけでも十分です。好みで選択しましょう。

プロミスの無利息について

YK0I9A6188_TP_V
プロミスは、初めてお金を借りる人を対象として、30日間無利息サービスというのを実施しています。これは本当にお得なのでしょうか。何か釣られているような気がする人もいるかもしれませんので、どれくらいお得なのか、何か注意するべき点はないのかといったことを説明しましょう。
この30日間無利息サービスを受けることができる人は、プロミスでお金を借りるのが初めてという人だけです。いま現在借りている人はもちろんのこと、今は借入残高はないけれども過去にプロミスでお金を借りたことがある人もこのサービスの対象外です。つまり、一人につき1回だけしか受けられないということになります。そう考えると、だいたい話は見えてくるでしょうが、つまりは顧客開拓、新規顧客獲得のための手段なのだなということが分かってくるでしょう。そのとおりで、新しくプロミスの顧客になってくれる人に対するいわばキャンペーンなのです。
キャンペーンとはいうものの、というか、キャンペーンであればこそ、使うほうとしてはうまく使いたいものです。いったいどれくらいお得なのか、ちょっと計算してみましょう。実際にお得になる金額は、いくら借り入れるかということと、適用される金利によって変わってきますので、あくまで一つの例として計算してみます。
もし、30万円を金利18%で借りたとしますと、30日間に発生する利息は約4500円です。これが無利息キャンペーンが適用されることにより0円となるわけです。これを大きいと見るか大したことはないと見るかは人それぞれですが、少なくとも、本来であれば払わなければならないものを払わなくてもよいと言ってくれているのですから、利用しない手はないでしょう。ちなみに、このキャンペーンで適用される金額には特に上限はありません。ですから、自分が借り入れることのできる限度額いっぱいまで借り入れることがよりお得といえばお得だということになります。
なお、30日間のスタート日は、初回借入日です。その日からスタートし、以降30日間は一切の利息がかかりません。上に書いたよに、30日間フルに借り続けるのが最もお得ではありますが、仮に当初借りた30万円を10日目に全て返済したとして、20日目にやっぱりお金が必要になってまた30万円を借りたとすれば、20日目から30日目までの10日間だけは同じく利息はかかりません。途中で追加の借り入れをしたとしても同様です。

プロミスの金利は低くて借りやすい

IMARIC20160805210023_TP_V
プロミスの金利は消費者金融の中でも良心的で、4.5%~17.8%という低い水準になっています。
金利が低いので利息の節約にもなり、大手消費者金融の中でも非常に借りやすいと言えます。
現在のプロミスは銀行系となり、サービス体制やサポート力などが以前より充実していると評判です。
消費者金融選びで迷ったときは、銀行系を選択すれば間違いないと言われるほどです。

プロミスは最高金利が17.8%であり、最低金利の4.5%と比べると約4倍となっています。
これだけを見ると高い利率に見えますが、グレーゾーン時代と比べると随分と下がっているのです。
グレーゾーン時代の消費者金融は、29%以上という超高金利を設定する業者も普通にありました。
29.2%を超えると出資法の上限を超えて違法となるため、高くても29.2%に抑えられていたのです。
現在はグレーゾーンが廃止されて、合法金利の上限が20.0%まで下がっています。
かつての消費者金融を知っている方からすれば、信じられないほどの低利率でしょう。

プロミスには30日間の無利息も用意されているので、初めてカードローンを利用する方にもおすすめです。
30日間は利息がゼロになるので、元金以外の返済は必要ありません。
借りた金額だけを30日間以内に返済すればよく、31日目から利息が発生する仕組みになっています。
実質年率0%と同じ意味でもあり、非常にお得に借りることができます。
30日間はお試し期間として、カードローンの使い勝手を覚えていくとよいでしょう。
プロミスで無利息期間が適用とならないと想定すると、10万円を実質年率17.8%で30日間借りた場合の利息は1,463円となります。
1万円の借入だと10分の1となり、146円しか利息は発生しません。
お得に借入するためには、いかに少なく借りるのが重要かわかるでしょう。
借入総額と利息は比例するので、利息を抑えるためには低利率で借りることも大切ですが、不要な借入をしないことも重要となります。
不必要な借入をすることで、利息も多く支払うことになってしまうのです。
プロミスのカードローンは非常に便利であり、用途も多目的になっています。
趣味や娯楽にも使用できるので、計画的に利用しないとあっという間に借入総額が増えていくでしょう。
利息を減らすためには、借入する状況になったら本当に借りる必要があるのか今一度考えてみることです。
一時的にお金がないときの対策としてカードローンは役立ちますが、ローンに依存する生活は避けましょう。

プロミスの審査傾向について

PAK105215431_TP_V
数ある消費者金融会社の中で、プロミスは王手の金融会社のひとつといえるでしょう。プロミスに限らず消費者金融に借り入れの申し込みをする際には審査があります。まず借り入れを申し込む際に知っておきたいこととして、一度通すことのできなかった消費者金融の審査を通過することは、とても難しいということがあげられます。基本的に消費者金融の審査の結果は信用情報機関に一定の間保管されることになり、その記録が残っている間は、通過することはよほどのことがない限り難しいといえるでしょう。そのためどうしてもこの消費者金融で借り入れをしたいという気持ちがあるのであれば、最初の一回で、きちんと通過する必要があるのです。
まずプロミスの審査の基準は、他の大手の金融機関とは、あまり変わらない基準であるといえます。申し込みの条件は20歳以上69歳以下の年齢と、安定した収入があることの二つです。たとえば雇用形態がアルバイトやパートであったとしても、ある程度の勤続年数があれば、安定した収入とみなされ申し込みができるのです。そして審査の基準となるものは属性と信用情報の二つです。この二つを満たすことができると利用が可能になるのです。
まず属性に関してですが、属性とはその人の返済能力のことをあらわします。収入はどれくらいなのか、どんな会社で働いているのか、雇用形態はどのようなものなのかなどを総合的に判断します。プロミスであれば、最短30分で結果が出ます。プロミスはこの属性に関してはそれほど重視しないのです。大切になってくるのは信用情報です。
信用情報とは、過去または今現在、どのようなキャッシングを行ったかという情報です。他社に借り入れがあり、返済が遅れたという情報が残っていたり、債務整理を行い返済額の減額を行ったというような情報が残っていた場合、返済能力に疑問を持たれることにつながり、大変不利であるといえます。また短期間に他の金融機関にたくさん申し込んだ情報が残っていたとしたら、これも不利になるでしょう。
消費者金融での審査が最終段階まで進むと、勤務先へ確認の電話が入ることになります。これは在籍確認といい、本当にこの勤務先で働いているかという確認です。プロミスでは結果が出る一歩手前の段階に在籍確認がおこなわれます。この在籍確認が嫌だという場合には、申し込み完了後に相談しておきましょう。在籍確認を行わないかわりに、社会保険証、給与明細、社員証などの書類を提出することになります。これらの書類に不備があった場合、落ちてしまうことも考えられるので、漏れなく用意しておきましょう。